2010年06月28日

いざゴンドラへA

一緒にゴンドラを満喫してくれたあみさん。

そしてご夫婦方。

まあゆっくりのんびりいい時間を過ごすことができました。

でも少しドブ臭い気がしたのは

気のせいでしょうか?

ごみはあまり落ちていませんでしたが

潮騒の感じ?ていうより運河を渡る感じがしました。


433.JPG
posted by くにお at 19:12| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | travaille | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

いざゴンドラへ@

ついにゴンドラに乗りこむ時が来ました。

昔は豪華に誂えていたらしいですが

今は寸法や装飾など規制され統一されています。

ゴンドラをこぐ男はヴェネツィア一のモテる仕事らしい。


431.JPG

432.JPG
posted by くにお at 22:06| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | travaille | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

古いカフェ

ヴェネツィアのカフェは世界で2番目に古い

カフェだそうです。豪華に演奏をしています。

ただ、座ったら最後。

高額の料金が待っております。

イタリアではこういう街中の演奏はみませんでした。

本場フランスとは対照的ですね。


429.JPG
posted by くにお at 20:45| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | travaille | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

星座時計

1500年頃にできた星座時計です。

12星座・・つまり5分間隔で時を刻みます。

500年ばかし経た現在でも色あせることなく

時をきざみつづけることに

悠久のロマンを感じることができると思います。


428.JPG
posted by くにお at 23:08| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | travaille | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

サンマルコ寺院

828年、エジプトのアレクサンドリアから運ばれた

聖マルコの遺体を納めるために建てられた寺院。

ビザンツ様式が美しい。大火事などでたびたび改装され

ロマネスク様式やルネサンス・ゴシック様式など

文化の融合が見られる。

黄金に輝くモザイク画は見事です。


426.JPG
posted by くにお at 17:40| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | travaille | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

サンマルコ寺院の門

この門はビザンティオン様式の門です。

東ヨーロッパの影響がみられるらしい。

サンマルコ寺院周辺は海を降りて海の門をくぐり

まっすぐ政府の中心となった宮殿、寺院、広場に通じていて

歩く距離も少ないのでラクちんです。

まあこういうところに一般民衆が訪れることができるのは

時代の流れということなのでしょう。


425.JPG

427.JPG
posted by くにお at 19:38| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | travaille | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

サンマルコ寺院の窓

この窓は16世紀ルネサンス様式の窓です。

特徴は立体的に表現できていて、光がガラスに入ってすぐに出るため

きらきらしています。

400年かけてルネサンスの技術が開発され芸術が向上した証です。


424.JPG
posted by くにお at 21:57| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | travaille | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

サンマルコの正体

サンマルコはヴェネツィアの守護神。

翼つきのライオンが本を手にしているんだから

武力と知力の極みといえるでしょう。

左の人物はド・ジェというヴェネツィア共和国の大統領だったそうです。

ドゥカーレとはド・ジェの宮殿の意味。

聖サンマルコにひざまずいています。

ヴェネツィアではいたるところにサンマルコが君臨しております。

みなさんもぜひ探してみてはいかがかな?


423.JPG
posted by くにお at 21:57| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | travaille | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

サンマルコ広場@

この鐘楼はサンマルコ広場にそびえるもので

高さが96.8mあります。

大理石とブロンズのエレガントな造りの建物は

ヴェネツィアを一望できます。

エレベーターでびゅーっと60mまでのぼれるし。

街並みはレンガが美しいらしいです。

まあ上に行ってはいませんが。


421.JPG
posted by くにお at 22:44| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | travaille | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

ブルガリ広告

ためいき橋は工事中というわけで有名ブランドの広告がどかーんと。

あみさんがどうしても写真を撮ってくれというので撮りました。

彼女、とにかくブランドに目がないんですよね。

女性とはそういうものなのでしょうか。

くにお流儀では「ブランドに弱い人は心も弱い」

というわけでブランドに身を固めないと

自分を守りきれないという持論です。

現在プラダジャパンのセクハラ・パワハラ問題が

世をにぎわせていますが

大企業のブランドほど社内は

保守的なオーラに包まれているのかもしれませんね。

ちなみにイタリアは有名ブランドの宝庫です。


420.JPG
posted by くにお at 19:30| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | travaille | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

シンシア登場

ヴェネツィアのガイドはシンシアさんです。

この方、日本語が上手なことはもちろんですが

話し方がとても親近感が持てる感じで、常に満面の笑顔。

難しい歴史の話もとても楽しそうに話してくれます。

ヴェネツィアが好きでたまらないんだという感じが

全面的に出ていました。

話を聞いているだけでこちらも楽しくなってしまう感じでした。

たぶん何回も同じ説明をされているのに・・。

ちなみにシンシアさんのバックにあるのは「ためいき橋」

恋人同士が夕方にこの橋の下でキスをすると..

永遠の愛を約束されるらしい。

なぜ「ためいき橋」というかというと

昔、囚人が牢獄に行く前に最後にヴェネチアの町が見えるのが

この橋の上からだということから。

どっから恋人の愛の話になったかは分かりませんが

「ためいき橋」の由来が聞けてよかったです。

まあこんな観光地でわざわざ夕方まで待ち、

キスしようとは思いませんけど!


419.JPG
posted by くにお at 14:06| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | travaille | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

ヴェネツィア浸水

いざ浸水したときはこの机をひっくり返して

観光客はこの上を歩くことになります。

このシーンはニュース等でご覧になった方も

おられるのではないでしょうか。

ヴェネツィアはもともと5世紀ころに定住がはじまり

他の民族・国家からの侵入を阻む自然の要塞となっています。

周囲のラグーンという湿地帯、およびその海域は

浅瀬と深い部分が入り組んでいて

普段は杭を使い船が通る道が示されていますが

戦時にはその杭を抜いてどこが浅瀬か分からなくしてしまいます。

これで座礁して敵の船が侵入してくるのを防ぐのです。


418.JPG
posted by くにお at 23:13| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | travaille | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴァポレットに乗るA

内部はこんな感じです。けっこう飛ばしていきます。

海のような運河を進んでいきます。

沿岸部の土地と海との境界がなく

少しでも潮位が上がると浸水してしまいそうな感じでした。

実際何度か町に水があふれたことがあるらしいです。

最近の海面上昇・そして景気の縮小から

「沈みゆくヴェネチア」と揶揄されることもあります。


417.JPG
posted by くにお at 08:01| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | travaille | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

ヴァポレットに乗る@

ヴァポレットは日本語で言うと水上バスのこと。

ヴェネチアでは自動車は全面禁止で

ヴァポレット・水上タクシー・ゴンドラという3つの船が

交通手段となっている。

観光用には非常にいいが住むとなるといかがなものか。

今回のイタリア旅行で最も印象的な1日が幕をあけた。


416.JPG
posted by くにお at 19:51| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | travaille | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

いざヴェネチアへ

ここからカッコつけてヴェネチア表記にしたいと思います。

まあベネチアでもベニスでもなんでもいいんですけどね。

宿泊したホテルはヴェネチアから離れていたため朝からバスで移動。

水の都を目指します。バス内部から高速道路を映してみました。

鉄道でも行けるようですが便が悪いらしいです。


415.JPG
posted by くにお at 21:46| 高知 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | travaille | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

ベネチアのホテルにてB

朝食は案の定バイキング式です。

いつも食べ過ぎてしまいますが、

期をつけるのはおなか。

途中で腹をこわしてしまうと大変です。

朝からパスタというのはありませんでしたが

本場のイタリアンはエスプレッソで十分。

朝からがっつり食べる日本人はおかしいと思われることもあるとか。

やっぱ朝はきっちり食べて行きたいですよね。


414.JPG
posted by くにお at 23:12| 高知 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | travaille | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

ベネチアのホテルにてA

ホテルのロビーにあるオブジェです。

やっぱりこじゃれてますよね。

室内では禁煙だったので外まで吸いに行ってたんですけど

ふろ上がりは半パン、ソックスなしで靴というラフな感じで

行ったらエレベーターに紳士が勢ぞろいしていて

それもわざわざくにおが乗るのを待ってくれて

ほんまに「こんな恰好ですいません」と

恥ずかしい思いをしました。

服装は気を抜いたらだめですね。


413.JPG

posted by くにお at 20:52| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | travaille | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

土産用パスタ

かわいいクマさんのパスタです。

ゆでる時間は6分。初日のミラノの始めの土産屋で購入しました。

こういうのはスーパーとかじゃあ売ってないんですよね。

土産はすでに渡してしまいましたが

茹でたらどうなるかが知りたいところです。


410.JPG
posted by くにお at 11:30| 高知 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | travaille | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

ベネチアのホテルにて@

ベネチア・メストレというホテルに宿泊しました。

すごくモダンな建物でシャープでおしゃれといったところ。

調べてみると格安ホテルの部類に入っていますが

なかなか好評のようです。

インターネットの設備も階下のフロアにあり

韓国人の方が自前のパソコンを接続してかちゃかちゃやってましたね。

くにおもモダンボーイとしてつついてましたが

日本語変換がされないのでYAHOOJAPANは

□□□・・こんな感じになっていて国内で何が起こっているか

全く分からない状態でした。


409.JPG
posted by くにお at 19:12| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | travaille | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

ばら売りの実態

このスーパーではお菓子や穀物などバラ売りしてあるものを

多く見かけました。食料品は全般的に安い気がしますね。

とくにパスタはお土産屋よりこういうとこの方がはるかにお得です。

短大の先生におもしろいインスタント食品を買ってきてくれと

言われていたんですが、日本みたいなカップ麺は

ぜんぜんありませんでした。

冷凍食品はありましたけど。

去年の台湾ではインスタントは(ほとんど日本製)を

多くみかけましたが。

やはりきちんと食事を作ることがあたりまえなのでしょうか。

最近ではイタリアの一般階級の人は外食をしなくなったとか。

少しでも家で食べて節約しているらしいです。

うう・・不況はいやですな。


407.JPG
posted by くにお at 20:11| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | travaille | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。